お知らせ

報道関係各位

2020/12/16
株式会社バンカーズ

融資型クラウドファンディングサービス「バンカーズ」
「バンカーズ不動産・商業手形ファンド第1号」
募集初日に100%の申込額を受注!

融資型クラウドファンディングサービス「バンカーズ(https://www.bankers.co.jp/)」を運営する株式会社バンカーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:澁谷剛、以下「バンカーズ」)は、 2020年12月15日(火)より募集を開始したファンド「バンカーズ不動産・商業手形ファンド第1号」が、募集初日に100%の申込額を受注したことをお知らせします。

本ファンドは、不動産融資での運用(20百万円)と商業手形割引での運用(2百万円)を組み合わせてリスク分散と分配の向上を目指す、日本初*の融資型クラウドファンディングファンドです。 6ヶ月のファンド運用期間中、個別の不動産担保融資における20百万円の運用に加えて、商業手形割引での運用枠として2百万円を割り当てファンドの運用成果の向上を目指します。 この商業手形割引の運用成果に応じて、当ファンドの予想分配率(年率換算)に3.59%〜4.37%と幅があるのが特徴です。
*自社調べ

なお、第2号ファンドは、2021年1月中旬の募集を計画しています(詳しくは当社サービスサイトのファンド一覧をご覧下さい)。

将来への強い不安感がヒトを投資に向かわせますが、一方でリスクは怖い、気軽に始められないという声もあります。資産運用を少しでも身近なものへ。未来を切り開く可能性への投資をご提案します。バンカーズは、個人の豊かさと、社会の持続的発展の両立を目指します。

【本ファンドの主な特徴】

特徴1 商業手形割引での運用によるファンド資金の再運用と収益の再投資

商業手形割引において、商業手形の支払期日到来によって資金化された出資金や収益である割引手数料を再度商業手形割引のための原資にして運用を行います。 償還までの間、本運用を繰り返すことによって、リスクを分散しながら出資者へ分配できる収益を高めていきます。

特徴2 融資と商業手形割引の平行運用によるリスク分散

本ファンドにおいて、融資と商業手形割引の2つを運用することにより、元本の毀損に対するリスクを分散します。

特徴3 バンカーズ親会社 株式会社バンカーズ・ホールディングからの出資による収益共有・収益相反防止(セイムボート出資**)

本ファンドの組成にあたり出資者の損失リスクと同様のリスクを当社グループが負担する運用を行うため、匿名組合の営業者であるバンカーズの親会社である株式会社バンカーズ・ホールディングより、出資者と同様に本ファンドへの出資を行います(元本の0.1%)。
**出資者と収益を共有し、収益相反防止に繋がる本投資方式のこと。

【株式会社バンカーズについて】

バンカーズは、貸金業者として46年の歴史を有する泰平物産株式会社を母体とし、2019年に株式会社バンカーズ・ホールディングの100%子会社として現社名に変更。 第2の創業期として、銀行、証券、ノンバンク、IT業界での経験を有するメンバーが参画し、「その投資は、日本の未来へ」をフィロソフィーとし、経済発展に貢献する総合金融プラットフォームの実現を目指して、2020年10月21日に第二種金融商品取引業登録を完了し、2020年12月1日に融資型クラウドファンディングサービス「バンカーズ」を開業しました。

【株式会社バンカーズ 会社概要】

会社名: 株式会社バンカーズ
代表取締役:澁谷剛
住所:東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門 8F
URL:https://www.bankers.co.jp/
第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第3216号
貸金業:関東財務局長(13)第00077号
加入団体:日本貸金業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
加入指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構

【本件に関するお問い合わせ先】

TEL:03-6272-9047
E-mail:support@bankers.co.jp
担当:寺崎(てらさき)、富田(とみた)

本資料は報道機関への情報提供を目的としており、金融商品に係る投資勧誘を目的としたものではありません。
また、一部に主観及び意見が含まれている場合があります。